簿記資格のダブルライセンスはどう?

FPとして活動している私は、同じようにFPを持っている人に出会うとついうれしくなって、いろいろな話を根掘り葉掘り聞いてしまうくせがあります。余計なことまでうっかり質問してしまわないように、反省することもありますが……。

でも、私とは違うキャリアを持っている人に出会うとやっぱり興奮しますね。ところで、簿記の資格も一緒にとっているFPさんに出会うことがけっこうあるんですよね。FPは簿記を使ったダブルライセンスがしやすいのかもしれません。

FPは、お客さんのために財政計画を助けてあげるような仕事をする資格ですね。それに対して簿記のほうは、企業や法人とか、営利団体なんか(それだけじゃないでしょうけど)のお金の流れを管理するためにある資格ですね。
子供のころからお小遣いをもらったら、家計簿(笑)を付けるようになった人もまだいるかもしれませんが、収入と支出の管理をするのって、意外と大事なことでしたよね? 企業とかだったら、それを記録したり管理したりする人は必須なんです。だから経理って職業があるんですよね。

FPはどちらかというと、会社員として働く場合でも独立する場合でも、個人のお客さんを相手にする人が多いかもしれませんね。
でも簿記までやっておいたら、企業とか法人のお客さんもつかまえられるようになるんじゃないでしょうか?
企業に、財務関係のアドバイスをするなら企業のお金の流れを理解するセンスがないといけませんしね。

これからは、企業の顧客を専門にするFPがちょっとずつ増えていくかもしれませんし、FPと簿記をマスターしたら、新しいキャリアのモデルプランができそうですね。