中小企業診断士資格のダブルライセンスはどう?

中小企業診断士のことは、私は最近までよく知らなかったんです。だけど、実際に活躍している人たちの話を聴いてるうちにFPと相性がよさそうだなと思いました。
それに先週はとうとう、FPもちゃんと受かってる中小企業診断士さんに偶然お会いしたんですよ!

中小企業診断士さんは、経済や経営や法律なんかの知識を駆使して、企業の運営の安定化や向上をもたらすためにある資格なんだそうです。

中小企業診断士とFPの共通点をここで説明したいと思うんですけど、まずどちらも独立できるチャンスがあること、だけど、サラリーマンやOLのまま仕事をすることもできるんですね。

企業内の中小企業診断士って目立たない感じですけどちゃんと確立された職業だったんですよね、私も知らなかったんですけど……。
企業内のFPは、個人のお客さんのために働く印象ですけど、中小企業診断士だとその会社の経営とかのために頑張る立場になります。
まあFPの資格がそこに加わったら、経営はもっとよくなりそうですよね?

独立する場合だと、もっと両方の資格が役に立ちそうです。企業の顧問先を見つけたら、両方の資格を総動員して、その会社の経営やいろいろな悩み事を解決してあげられるんじゃないでしょうか。
あとは、FPでよくあるような、個人の顧客を獲得することだってできるでしょう。個人のお客さんについては、保険のコンサルティングなんかを中心に活動して、法人のお客さんについては、経営コンサルティングなんかを中心に活動する~なんて働き方だって、がんばればできるんじゃないでしょうか。