FP資格は、AFPまで忘れずに

FPの試験というと、3級だの2級だのに関心が傾きがちだと思います。 しかしFPの資格は複雑です。級が定められている資格ばかりではありません。

大事なことは、2級ばかりにかまけてはいけないことでしょう。AFPのほうも忘れずに取得しないと意味が半減してしまいますからね。

AFPの勉強は、FP]2級と並行してやらせてくれる教育業者がいます。そのようなところを探し当てることが先決ですが、ここではAFPの資格をとるためにやらないといけないことをテーマにさせてください。

AFPは、基本的に誰でも受けられます(中学を卒業していないような年齢ではNGですが)。 そして以下のノルマをこなす必要があります。

・8科目(68単位)の履修 1.FP基礎 2.金融資産運用設計 3.不動産運用設計 4.ライフプランニグ・リタイアメントプランニング 5.リスクと保険 6.タックスプランニング 7.相続・事業承継設計 8.提案書の作成

なお「履修」のやり方はさまざまで、所定の場所に出席する事例もあれば、DVDやネットを通した学習で行う事例もあります。

・提案書の作成 履修科目に「提案書の作成」が入っています。最後に、本当に提案書をつくって認めてもらえないと修了はできません。その採点基準は、100点満点中60点以上です。 これは、実際にお客さんのために「現状分析」や「最適な対案の提示」を実践するような形式になります。

AFPの履修内容は、FP2級の勉強内容と共通している部分が多々あります。その意味でも、やはり両方の勉強をなるべく同時に進めていくことはとても合理的でしょう。