FP資格には2種類ある

企業系と独立系という働き方も2種類なら、資格にも国家資格と民間資格の2種類が存在しているのです。それぞれの特徴を紹介しましょう。

<FP技能士:国家資格>

ひとつめが、平成14年(2002年)4月に、職業能力開発促進法に基づき、国家資格化された「FP技能士」で、厚生労働省が認定し試験は金財(財団法人 金融財政事情研究会)による運営されています。
資格には1、2、3級がありますが、2級の受験資格には3級合格者で実務経験が2年以上等。1級には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、もしくは、5年以上の実務経験があるもの等と規定されています。

<AFP・CFP:民間資格>

もうひとつが、日本FP境界が認定する民間資格の「AFP(アフェリエイテッドFP)」と「CFP(サーティファイドFP)」です。AFPは〝普通資格〟とされ、現在国内に約14万人(平成21年5月現在)が存在しています。
一方、CFPは世界水準のサービスを提供できる〝国際資格〟であり、世界23の国と地域で認められるグローバルスタンダードな資格。国内にはまだ16200名(平成21年4月現在)程度しか存在していません。なお、AFP資格の取得には指定研修機関による「AFP認定研修講座」の受講CFP資格の受験にはAFP有資格者等の条件が存在しています。

2級とAFPを一挙取得が効率的!

では、どちらの資格を取るべきか。それは、2級FP技能士とAFPの同時取得です。一見、2つも同時に取得するのは大変に思われるかもしれませんが、実はこの方法がもっとも効率的な取得方法なのです。

というのも、2級FP技能士の受験資格のひとつに、「AFP認定研修を修了した者」とあり、AFP資格は試験ではなく、通信講座や資格予備校といった認定研修機関での認定研修を受講し、提出した書類(提案書)が合格基準を満たすことにより認定、修了し資格を取得する流れになります。

そして、多くの資格予備校や通信講座には、AFP認定研修講座と2級FP技能士試験講座がセットとなった講座が存在しているからなのです。講座内でAFP認定研修を修了し、2級FP試験の受験資格を得て試験に挑む。これが、FP資格のもっとも効果的で現実的な取得方法といえるでしょう。