FP技能士試験の難易度は?

前ページのとおり、当サイトではAFPと2級FP技能士試験の一挙習得をお勧めしますが、AFPは資格予備校や通信講座の講座内で履修(提案書の作成、提出は個人にて行う)するため、実際に受験するのは2級FP技能士試験のみ

ここでみなさんが知りたいのは、2級FP技能士試験の難易度ではないでしょうか。国家資格たる2級FP技能士試験の難易度とは、どれほどのものなのでしょうか。難易度の指標となる合格率を直近5回の結果から見てみましょう。

<2級FP技能試験結果>
実施年月 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成26年5月
学科試験結果 14,577 6,327 43.4
実技試験結果 10,698 6,663 62.28
同時受験結果 10,023 4,192 41.82
平成26年1月
学科試験結果 15,683 4,934 31.46
実技試験結果 13,068 7,833 59.94
同時受験結果 11,909 3,881 32.59
平成25年9月
学科試験結果 14,214 5,820 40.95
実技試験結果 11,546 5,601 48.51
同時受験結果 10,705 4,012 37.48
平成25年5月
学科試験結果 13,509 6,459 47.81
実技試験結果 9,917 5,814 58.63
同時受験結果 9,330 4,029 43.18
平成25年1月
学科試験結果 14,470 4,059 28.05
実技試験結果 12,129 6,950 57.30
同時受験結果 10,961 3,298 30.09

2級FP技能士試験は、学科と実技の2科目で構成されますが、目指すはもちろん同時合格。同時受験結果5回分を平均してみると、合格率は、約37%、個別合格では実技が約57%、学科が約38%でした。国家資格といえば合格率が10%にも満たない試験も多く、毎回20万人が応募する宅建も20%に届きません。となれば、比較的合格が狙いやすい試験と言えるのではないでしょうか!?