FP技能士試験の概要

2級FP技能士試験は、毎年1、5、9月の年3回実施され学科と実技により構成されています。なお、午前に学科、午後に実技が実施されますので同時受験が可能です。なお、願書の請求・受付期間や方法などは、金財のホームページに詳細が記載されていますので、そちらを参照下さい。

【学科試験概要】

<出題科目>

①ライフ・プランニング資金計画 ②リスク管理 ③金融資産運用
④タックスプランニング ⑤不動産 ⑥相続・事業承継

<出題形式・試験時間>

■出題形式:上記6科目から各10問、4択式問題で計60問出題
■試験時間:120分

<合格基準>

60点満点中36点(60%)以上

【実技試験概要】

<出題科目>

①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・ プランニング
②ファイナンシャル・プランニングのプロセス
③顧客のファイナンス状況の分析と評価
④プランの検討・作成と提示

<出題形式・試験時間>

■出題形式:上記出題範囲について、「各科目における図表等の読み取りや諸計算等」、
「ファイナンシャル・プランニングの基礎や提案書作成技術・系数票の利用等」、
「事例に沿った分析・提案等」に関する技能を、記述式のペーパーテストにて出題
■試験時間:90分

<出題形式・試験時間>

50点満点で30点(60%)以上

学科の各出題科目には7?18もの単元が存在と出題範囲は広く、内容も実務に即した専門性の高い知識が必要とされます。また、120分で60問ということは、1問の解答に掛けられる時間は2分と解答スピードも求められます。
実技は記述式ですが論文執筆などではなく文字や数字で空欄を埋める形式です。しかし、こちらも全40題出題されるため、知識と解答スピードが必要です。