学習法は通学か通信か

AFPと2FP級技能士資格の同時取得を目指すわけですから、学習法はAFP認定研修講座を開設する資格予備校か通信講座に絞られます。資格予備校と通信講座を5つのポイントから比較し検討してみましょう。

【資格予備校vs通信講座 徹底比較】

<POINT1:コスト編>

某大手予備校の初学者向け2級FP技能士&AFP認定研修講座の受講料は約15万円。対して、通信講座はその半額から1/3程度と圧倒的にリーズナブル。しかも、予備校が通勤経路に存在しない場合、そこまでの往復交通費がかかることを考えると総額は20万円を超すことも。20?30代のサラリーマンにとって、20万円もの出費は現実的とはいえないのではないでしょうか。コスト面では圧倒的に通信講座に軍配が上がることは間違いありません。

★資格予備校×通信講座☆

<POINT2:時間拘束編>

全講座に出席し受講しなければならない予備校に対し、通信講座は自分の好きな時間に好きなペースで学習が可能です。不況による人員削減が進み、個人の仕事量が増加の一途を辿る現在、毎回講義時間に合わせ会社を退社できるのかと考えると、こちらも予備校の方が分が悪そうです。

★資格予備校×通信講座☆

<POINT3:教材>

予備校の教材は講師が開設する講義を前提とした作りになっています。つまり、テキストではなく講義により理解させようという方法論なのです。ゆえにテキストは試験範囲がくまなく網羅され、その内容も文字が羅列された理解しづらい構成の物が多い印象です。対して個人学習である通信は、テキストそのものが生命線です。そのため、内容も最近の出題傾向が反映され凝縮された分量でかつ図形を多用するなど、いかにしてわかりやすく構成するかを念頭に作られているように思います。

★資格予備校×通信講座☆

<POINT4:サポート体制>

基本講座のみならず、模試や対策講座なども豊富と、予備校ではより充実した学習環境に身を置くことが可能です。しかも、講義内容に不明点があれば講師に質問し、その場で解決できる点も大きな魅力です。対して、通信講座にも無料での質問受付や、付属する学習ガイド本により学習方法の提案をはじめ、やる気を起こすノウハウなどが紹介されるなど、充実したサポート体制を確立している講座もある様子。しかし、やはり直に講師や事務局からのサポートを受けられる予備校の方が、充実度としては高いようです。

☆資格予備校×通信講座★

<POINT5:モチーベーション維持>

コスト面ではデメリットとなった資格予備校の高額な受講料ですが、ことモチベーションの維持という視点では「あれだけ高い受講料を払ったのだから、挫折するわけにはいかない」と、メリットへと転じることもあるでしょう。
また、他の受講生がライバル的な存在となるため、こちらもモチベーションを維持するうえで大きな要因となってくれるはずです。一方、通信講座の最たるデメリットが、このモチベーションの維持です。<POINT4>でも述べた、学習ガイド本で提案される、やる気を起こすノウハウなどを活用するなど、努力する必要があるといえるでしょう。

☆資格予備校×通信講座★

お勧め学習法は通信講座!

5つのポイントを総合すると、☆2つの資格予備校に対し通信講座は☆3つと、通信講座に軍配が上がる結果となりました。なかでも、やはり高額なコストと時間的な拘束は若いサラリーマンにとっては致命的要因といえます。

また、資格学校も進化を遂げており、以前のように「安かろう悪かろう」ということもなくなってきました。その大きな要因が、通信講座でもCDやDVDといったメディア、そして、インターネットの発達により、通学しなくても自宅で講師の講義を受けられるようになったことです。

それらを総合した判断した結果、当サイトが推薦する学習法は通信講座ということになりそうです。とはいえ、通信講座も様々で初学者の方にはどう選んで良いのかわからないという方もいることでしょう。次ページでは、通信講座選びのポイントにつて紹介したいと思います。